SephoraがCBD美容商品に独自の規格を制定

CBD

世界最大級のコスメセレクトショップSephora(セフォラ)は、CBD分野に多大な労力と時間を割いています。大小さまざまな企業とパートナー提携を進め、CBDを正当な美容成分としてこれらの商品の販売を行っています。先週、Sephoraは同社で取り扱うCBD商品について、その信用性と品質を保証するためにいくつかの規格を施行することを発表しました。

「Sephora.comでCBDが検索された回数は、2018年から1000倍以上増加しており、お客さまがこうした商品に関心を持っているということは明らかです。お客さまがこの成長分野に足を踏み入れようとするなかで、透明性と品質保証を提供する必要性を認識しました」Sephoraのスキンケア販売促進部門の副代表であるシンディ・デイリーはこのように語りました。

CBD美容商品の品質と安全性を保障するために

Sephoraで取り扱うCBD商品は現在、「Clean at Sephora」という基準を満たさなければならないと規定されています。これは2018年に発行されたルールで、Sephoraで販売する商品にSephoraの基準を満たさない50種類以上の成分を含まないことを要求するもの。このルールに加え、SephoraのCBD美容商品は、フルスペクトラムまたはブロードスペクトラムのCBDを含有し、アメリカ国内で栽培されたCBDオイルであり、また第三者機関による検査を受けていなければならないとされたのです。さらに、これらの商品は分析証明書(COA)を同包していなければなりません。COAは、CBD商品の購入時には必ず確認すべきものです。

多くの小売店がCBD美容商品を取り扱っていますが、Sephoraはこうして自社で仕入れるCBD商品に関する規格を制定した初めての企業です。この開発によって、競合他社よりも優位に立ち、さらに会社を訴訟や、法律のグレーゾーンから守ることが可能になります。

SephoraはLord Jones、Saint Jane、Flora+BastなどCBDブランドとのパートナー提携をどんどん広げており、それぞれの製品を国中の店舗や、オンライン上でも取り扱っています。最近も、ヘンプを活用しているPrimaとパートナー提携を結びました。

FDAや政府からCBD規制についての指針が出ていない中で、どんな商品を店頭で選ぶかという責任は、消費者それぞれの肩にのしかかってきています。Sephoraの後に多くの小売店が続き、それぞれ独自のCBD規制を制定することが期待できそうです。

日本でも買えるCBDコスメならこちらがオススメ!

CBDハイドレーティング&スージングボディローション ホホバ&アーモンド 100mg ヘンプメッズ

CBDシュガースクラブ 200mg パープルリーフバス

ニューチャリングCBDフェイスクリーム ヘンプタッチ

出典:ChicagoTribune