マインドフルネスのスペシャリストおすすめ!短期間で効果を出す5つの方法

CBD

マインドフルネスを行う必要性がウエルネス業界において最新のトレンドのように感じることは事実ですが、実際マインドフルネスは東洋古来の教えです。マインドフルネスは今現在にただ集中し、評価をせずに自分の周囲、考え、感覚を体験する慣習です。アメリカ心理学会によって概説されたマインドフルネスの利点には精神的訓練のほか、反芻思考の減少、ストレスの軽減、作業記憶の向上などが含まれます。試す価値は十分にありますよね。

 

私たちはマインドフルネスが日々の生活に前向きな影響を与えると言う考えに大方賛同していますが、日常習慣にどのように取り入れるのか知りたいと思うでしょう。心配、疑念や溜まっている緊張感のような悪習慣を変えることは不可能に思えます。マインドフルネスの要素は評価/ジャッジを排除することなので、自分自身に一息入れさせることを覚えていてください。

 

マインドフルネス瞑想のマイクロド-ズで少しずつ始めてください。体を鍛える為にマラソンを走ることから始めずに、トレーニングをすることによって目的に徐々に近付くのと同じです。マインドフルネスの習慣を身に付けるために、一日を通して小規模のマインドフルネスの実践を実行する練習をしましょう。

 

新しい能力を習うのに最適な方法は、既にベテランの人から習うことです。それから体験から学ぶことになります。日常生活にマインドフルネスをどのように取り入れるかについてのベテランによるコツとインスピレーションを5つ紹介しましょう。

1.瞑想・ヨガのスペシャリスト「携帯電話を使わない」

「マインドフルネスを奨励する1つの方法は、携帯電話を使わない環境と状況を確立することです。私たちは、最も重要な場所でそのようにすることを勧めます。日課のジョギングの時には携帯電話を家に置いて出かけたり、職場の毎週の会議では携帯電話を持ち込まないと指示をしたり、パ-トナ-、子供や友人との夕食時に携帯電話を持たない環境にすることに決めたりなどです。生活の貴重な時間から気を散らすものを減らす努力をする時、私たちは他人や仕事、そして自分自身との繋がりをより良いものにできる経験ができます」―職場にマインドフルネス、瞑想やヨガを持ち込むことを掲げているワ-ク・フロム・オ-ム社の最高責任者サラ・ヴァイナ-マン

2. マインドフルネスの研究者「常に取り込む」

信じられないかもしれませんが、日常の雑用を片づけている間にさえマインドフルネスを体験できます。これこそ実践するのに最適な時間かもしれません。

「日常習慣にマインドフルネスを取り込めば取り込むほど、より強力になります。皿を洗う、車を運転する、歯を磨くことは毎日のマインドフルネスへの全手段です。全注意を感覚(石鹸の泡、車のハンドル等)に向け、そして自分の身体に戻って来てください」―マインドフルネスの研究者・教師であるレベッカ・シスラー・マ-シャル医師

 

3. 「マインドフル・コミュニケーション」

他人と接する時に、あまりに頻繁に私たちは意識を向けて会話をせずに、その代わりに次に何を言おうかなど、たくさんのことに焦点を当てます。

「誰かと面と向かって話す時、時間をとって相手の目を見つめ、心の中で次の文を考えるのではなく誠実に耳を傾けてください。このことをマインドフルな繋がりと呼ぶのが好きです」―ナチュラリ-・ヘルシ-・バイ・ミリのミリアム・アムセレム

4. 「脳や心や紙に書き留める」

『ザ・バタフライ・シリーズ:フィフティー・トウ・ウィ-クス・オブ・インクワイアリズ・フォ-・ランスフォーメーション』の著者であるマリア・ラモス-シェルトクは次のように勧めます。

「日常生活にマインドフルネスを取り込む1つの方法は、日々の自分への問いかけです。答えをメモに書き留めたり、脳や心の中で反映させたりできます」

5.「感覚に注意を向ける」

カ-リ-・ホフマン・キングはオハイオを拠点にするメンタルヘルスカウンセラ-です。彼女は次のテクニックをマインドフルネスの開発方法として勧めます。

「グラウンディングと呼ばれるマインドフルネスの簡単な形式は、5感を感じるようになることで達成されます。私は定期的にクライアントに、目にするもの5個、耳にするもの4個、接触するもの3個、匂いを嗅ぐもの2個、味合うもの1個に意識を向け気付くことを勧めています」

出典:OrganicAuthority