CBDとは? メリットとデメリットまとめ

CBD

ここ最近注目が集まりつつあるCBDオイルやCBDリキッド。
CBDってそもそもどんな成分で、どんなメリット、デメリットがあるの?と気になる人も多いはず。
今回はそんなCBDについてまとめてみました。

 

CBD(カンナビジオール)とは?

カンナビジオール(CBD)は、大麻植物(カンナビス)から抽出されるカンナビノイド成分の一つ。
現在、さまざまな病気・疾患に対する治療効果が期待されており、海外の医療機関や科学者を中心に盛んに研究が進められている注目の成分です。

CBDオイルって安全なの?

CBDオイルは自然のヘンプから採られた100%天然成分のエキスです。特に使用に際して気を付けるべき注意点はありません。
ご家庭で、オリーブオイルやグレープシードオイルなどと同じように料理に使うようなヘンプオイルも販売されていますが、基本的にはそれと全く同じ原料からできている思っていただいて間違いありません。
含有するCBDの濃度によって用途はさまざまですが、いずれも欧州で生産と販売がきちんと認可されている産業ヘンプからできています。

CBDは日本でも認可されているの?

CBDは日本においても法的に認可された成分で、オイルやカプセルなどの形で販売されています。
海外では医療用(メディカルグレード)の商品も多数開発され、流通していますが、日本国内においては現在のところ医薬品には分類されていないため、購入・服用に処方箋は必要ありません。

 

CBDにはどんな効能があるの?

CBDについては、これまでの研究で主に以下のような効能が確認されています。

ストレス、不安感の軽減

屋外でのスポーツや、バランスの取れた食生活、定期的な運動に加え、欧州ではCBDオイルでストレスに対処することがポピュラーになってきました。
習慣性にもならず、鎮静薬や抗うつ剤のような副作用もなく、不安な気持ちを鎮めてくれることが明らかになっています。

不眠症の軽減

つい睡眠が不規則になったり、不眠に悩まされたり。そのような症状が慢性化すると健康問題に発展してしまいます。
CBDオイルを使う人が増えている主な理由が、実はこの不眠症問題。身体機能を落ち着かせ、しっかり長く眠れるようにサポートしてくれる調整効果があります。

自己免疫反応を鎮静

現代病の多くが自己免疫のトラブルによるもの。これは、身体が自身の免疫系により攻撃を受け、戦わざるを得なくなるという疾患です。
メジャーな、アレルギー、皮膚炎をはじめ、多発性硬化症、慢性関節リウマチ、過敏性大腸症候群、神経変性疾患(例えばパーキンソン病)、
セリアック病などが、よく知られた自己免疫疾患です。CBDは体内で起こった自己免疫反応を鎮め、バランスの取れた状態を回復するのをサポートします。

免疫系を強化

CBDは、免疫系を最適なコンディションに保つ効果があることがわかっています。
適度な抗炎症特性があるので、鼻づまりや寒い冬の時期には免疫系の予防にもなります。

頑固な肌トラブルに

CBD成分は、お肌からの直接的な吸収でも効果を発揮します。
皮膚炎や乾癬を緩和し、かゆみを楽にしてくれたり、脂性肌やにきび肌に対しては、CBDが皮脂腺の分泌をコントロールすると共に、抗菌パワーを発揮します。
最近ではそういった効能に着目し、お肌に直接塗るクリーム状のCBD製品も多数開発されています。

 

CBDは病気の治療にも効果があるの?

CBDは、日本国内においては医薬品ではないことから、多くの健康食品やサプリと同じようにその効果をPRすることは薬事法で制限されています。
なのであまり詳細な情報が広がっていないのが現状ですが、海外の研究機関においては主に下記のような疾患や症状の改善に効果があるとされており、医療分野での利用の可能性が期待されています。

  • てんかんの発作の制御(抗けいれん薬)
  • 吐き気の抑制(制吐剤)
  • 腫瘍およびがん細胞の増殖抑制(抗腫瘍性)
  • 不安や抑うつの軽減(抗不安薬)
  • 精神病性障害の軽減(抗精神病薬)
  • 炎症性疾患の抑制(抗炎症性)
  • 慢性疼痛の軽減(鎮痛剤)

 

CBDオイルにはどんな成分が含まれているの?

CBDオイル製品には、CBD以外にも植物由来の必須ビタミン、ミネラル、脂肪酸、食物繊維、タンパク質、クロロフィル、フラボノイドなど、たくさんの有効成分が豊富に含まれています。
そのうちの一つがテルペン。テルペンとは、私たちが日常的に摂取しているさまざまな植物に含まれている植物化学物質類の一種。植物の香りや味の元となることが多く、健康を維持するために必要な効能が期待されている成分でもあります。カンナビスには200種類近いテルペンが含まれていると言われており、カンナビスと同様に健康上の様々な効果があることが知られています。
そのうちのいくつかをご紹介します。

オシメン(ミント、パセリ、コショウ、バジルなど)
さわやかな甘い香りが特徴で、抗ウイルス作用、抗真菌作用、消毒作用、うっ血除去作用、抗菌作用などがあることが知られています。

テルピノレン(ナツメグ、ティーツリー、針葉樹、リンゴ、クミン、ライラックなど)
香りのよい植物によく含まれており、石鹸や香水などにも用いられている成分です。抗癌作用、酸化防止作用、鎮静作用、抗菌作用、抗真菌作用などが知られています。

グアイオール(松など)
古くから、咳、便秘、関節炎などの病気の治療に用いられてきたほか、防虫剤、殺虫剤としても使用されてきました。
抗菌作用や抗炎症作用があることが明らかになっています。

ミルセン(かんきつ類、熱帯果実など)
リラックス効果があり、筋肉の緊張の緩和や不眠症、うつ病などの改善に効果があるほか、抗酸化作用や抗発がん作用があると考えられています。

カリオフィレン(黒コショウ、クローブなど)
スパイシーな香りの成分で、関節炎や自己免疫疾患に効果があるとされています。

リモネン(柑橘の皮、ローズマリーなど)
シトラス系の香りの成分で、ストレスの軽減、胸やけの解消に効果があるほか、抗真菌性、抗炎症性、抗菌性、抗うつ作用があります。

ほかにもたくさんの成分がありますが、これらはカンナビノイドの作用を助ける働き(アントラージュ効果)もあることが客員されています。

 

CBDにデメリットはあるの?

基本的には天然由来のナチュラルな成分なので副作用もありませんが、あえて挙げるとすれば、「高価であること」と「即効性が保証されない」ことがデメリットと言えるかもしれません。

天然由来の抽出成分であることから、CBDオイル、CBDリキッドは高価なものが多く、なかなか手がでないという声もよく耳にします。また、市販の化学合成薬とは違い、すぐに効果を実感できるとは限りません。CBDは、健康サプリメントや漢方のようにゆるやかにカラダの機能を正常化する天然成分です。お酒の強さに個人差があるように、その効果をなかなか実感できないという声があるのも事実です。

 

どういう人がCBDを使えばいいの?

前述のような理由から、すべての人がその効果をすぐに実感できるというものではありません。
そうなると、コスパの面でどうしても「合う、合わない」という問題があるのも事実です。

CBD製品のいちばんの魅力は、その効能に加えて天然成分であるということ。
例えば、ステロイド剤などの強い化学薬品が肌に合わないという敏感肌の方や、できるだけ副作用のある化合物は摂取したくないというナチュラル派の方には最適なアイテムと言えると思います。